ダイエットと食事 - カロリーを考える

ダイエットと食事 カロリーのマネジメント

ダイエットと食事を考えるときに、カロリーのことに着いて考える方は結構多いのですけども、食事の時間についてはあまり考えていない方が多いです。

1日のトータルでどれだけのカロリーを摂取したかということでダイエットを考える方もいますが、これだけでは正しいとは言えません。

基本的に体のリズムというのは、夜8時以降に取った食事は、脂肪として体につきやすく、1日に同じカロリーをとっていたとしても、朝や昼に摂取したカロリーよりも、夜に摂取したカロリーの方が太る理由になりやすいということです。

食事においてダイエットを考えた場合、朝や昼にはしっかりとお腹にたまる食事をして夜はできるだけ軽い食事にするというのが、理想的です。

だからといって毎日、夜にてカロリーの食事ばかりしているとストレスもたまってきますから、このあたりのバランスも考えて、極端になりすぎないように食事の配分をしましょう。

ダイエットの失敗というのは、食事の配分を間違うことに原因があることと、自分自身のストレスをマネジメントするという意識が欠けている。ということが理由になっている場合が多いですから、自分自身を信じすぎない計画を立てるということが重要になってきます。

お腹が満たされているときに立てたダイエットの計画とお腹がすいている時の実際の感覚では、全くもって考え方が違ってしまいますので、自分が決めたルールであるとはいえ、余りにもストレスが大きい食事制限になってしまっていた場合は、その計画を調整していく必要があります。

ダイエット計画というのは継続できるものであることが最も重要な項目ですので、ダイエットと食事の関係を甘くみることは絶対にできません。このあたりをよく考えた上で、ダイエットのための食事というものを自分なりにしっかりと考えてみましょう。